その肥満がメタボと呼ばれる生活習慣病を招く!



20歳代の頃まではスポーツを楽しむなど、

体を動かす機会が多くて活動的だったという人でも、

30歳を過ぎた頃から、仕事に追われたり、家庭などの事情から、

徐々に運動する機会が減り、

40歳代になると「運動とは全く縁がなくなった・・・」

という人は結構いらっしゃるのではないでしょうか。



そんな人たちは、

せめて食事管理して太らないように注意していればいいのですが、

全く運動しないうえに、好きなものを好きなだけ食べて飲んでという食生活を送り、

お腹がポッコリと出た肥満体型に陥っている人は少なくありません。



実際、健康診断で、内臓についた脂肪が原因で、

さまざまな生活習慣病になる危険性の高い状態のメタボ(メタボリックシンドローム)と

診断される人は、日本国内の40~74歳の全人工のうち、

900万人以上いるといわれています。



こうした肥満体型からくるメタボといわれる人は、

動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病などの命にかかわる生活習慣病になるリスクが高く、

とても危険な状態なので、早急に改善しなければなりません。



WS000127.JPG



もともと人の体は、40歳を過ぎると、筋肉は衰えて徐々に減少し、

そこに、運動不足が加わると、

衰えが目立つようになり、筋肉の減少を加速させることになります。



筋肉の減少は基礎代謝量の低下につながり、

その結果、1日あたりの総消費量が減って、

食事で摂取したエネルギーを消費し切れなくなって

体内に体脂肪として残るようになります。



本来は、基礎代謝量が低下して消費量が減っているので、

若い頃の食事量より少なくして、

摂取量と消費量のバランスを整えなければならないのですが、

そんなことは考えず、好きなだけ食べて飲んでという食生活をしていると、

あっという間に内臓まわりに体脂肪が溜まってしまいます。



実は、この内臓に溜まった体脂肪が、

糖や脂質の代謝に悪影響を与えるさまざまな生理活性物質を分泌させて、

その結果、高血圧や高血糖という症状を招きます。



そして、高血圧や高血糖が糖尿病や動脈硬化を引き起こして、

脳梗塞や心筋梗塞などの命にかかわる重病につながるというわけです。



このようなメタボを改善するには、

まずは食事管理をしっかりすることを大前提として、

筋力トレーニングで筋肉を鍛えることが重要になります。



そして、もし体力的、時間的に余裕があるなら、

積極的にウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うようにすれば、

さらに効果が高まります。



ちなみに、一般的に、メタボとは、内臓に脂肪が溜まった肥満体型を指しますが、

具体的には、中性脂肪、血圧、血糖値のうち、

2項目で、数値が基準値を超えたものがあればメタボと診断されます。



また、体型の目安としては、おへそまわりを計って、

男性の場合、85センチ以上、女性の場合、90センチ以上が核当します。





メタボと診断されて、健康に不安を感じている人は、

ぜひ、ライザップで肥満体型を改善して、

いつまでも健康でいられる体を作り、

さらに、今までの人生も変えてみませんか!



まずは、ライザップの無料相談を受けてみて下さい。