食事制限だけによる手法のダイエットでは痩せられない!


ダイエットの基本中の基本は、

1日あたりの総消費エネルギーが総摂取エネルギーを上回る

赤字収支の生活スタイルを作ることです。



本来は、運動を定期的に行って総消費エネルギーをアップすれば、

健康的に痩せられるわけですが、ダイエットと聞くと、

どうしても食欲を我慢して辛い食事制限をしなければならない・・・

と思い込んでいる人が少なくないようです。



例えば、朝食や昼食を抜いて1日2食だけにしたり、

プチ断食といって丸1日何も食べなかったり、

炭水化物や脂肪分を控えたりと、

大幅に食事量を減らすという食事制限だけによる手法の

ダイエットにチャレンジしようとします。



確かに、大幅に食事量を減らせば、

消費エネルギーが摂取エネルギーを上回り、赤字収支のバランスができて、

体重は徐々に落ちていきます。



しかし、体重の減少とともに体は、どんどん太りやすい体に変化しつつあり、

そして、健康的に痩せるには致命的な問題となります。



体重が落ちていけば、辛い食事制限を我慢して実践した効果があった・・・と、

喜んでいるでしょうが、その体重は一時的なものでしかありません。


WS000036.JPG


食事制限を続けて、最初の数週間は順調に体重が落ちますが、

その後、しばらくすると体重はなかなか落ちなくなり、停滞期に入ります。



人の体は、毎日の摂取エネルギーが少なくなると、

生命を維持するために、

よりエネルギーを蓄えようとして“省エネモード”にシフトチェンジします。



これが停滞期になる理由です。



そして、致命的といえる問題が、筋肉も一緒に減ってしまうことです。



例えば、食事制限だけによる手法で体重が5キログラム減ったとすると、

その中身は、2キログラムが体脂肪、3キログラムが筋肉といった割合になります。



筋肉量が減少すると基礎代謝量が低下して、

総消費エネルギーの少ない太りやすい体に変ってしまいます。



それでも、減らした体重を維持しようとするなら、

辛い食事制限を一生続けなければならないし、

もし、そこで、食事制限を止めて前の食事量に戻したなら、

太りやすくなった体は、

あっという間にリバウンドで前の体重以上に激太りするということになります。



どうしても運動ができない人は、食事制限に頼るしかありませんが、

その時は、1日あたり150~200キロカロリー程度の小幅な制限に抑え、

できるだけ筋肉の消費がないように栄養バランスにも気を付けなければなりません。



また、完全に食べ過ぎの食生活が原因で太ってしまった人は、

まずは、適正量の食事に戻すことが必要ですが、

効率よく健康的に痩せるには、

筋肉がとても重要ということを頭に入れておきましょう。